会員情報ブログ

2017年10月05日
平成29年度秋季懇親会のご案内

 恒例の秋季懇親会を、ディーター・ソンマーハルダー名誉総領事を
お迎えして、下記の通り開催致します。
 当日は、スイス時計協会東京センター所長の中野綾子氏による
ご講演会ならびに懇親会を実施予定で、懇親会では恒例の福引も
計画しております。
 ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。
尚、法人会員の皆様におかれましては、登録代表者の代理出席も歓迎致します。

 ※中野綾子氏:
2014年、日本・スイス国交樹立150周年という記念すべき年に
スイス時計協会FH東京センター所長に就任。
同年、スイス時計産業の魅力を紹介する「Think Time特別展」を
日本で初めて開催する。
2015年には修好通商条約のために来日したスイス使節団や
当時の時計を紹介するパネル展を全国11か所で開催、
スイス時計産業の視点で日本とスイスの国交の始まりについて紹介した。
さらに2016年はスイス時計の歴史やデザインなどを学べる体験型展示
「WATCH.SWISS(ウォッチ・ドット・スイス)」の世界初公開を日本で実現し、
東京、大阪、名古屋で回遊展を成功させるなど、スイス時計産業の発展のため
幅広い業務に従事している。
                                            敬具

                      記

1.日時・内容  平成29年11月13日(月)18:00~
           ① 講演  「日本とスイスを繋いだスイス時計」 
             スイス時計協会FH 東京センター所長 中野綾子 氏
           ②懇親会(立食ビュッフェ) 

2.場 所     ウェスティンホテル大阪 2階宴会場「オリアーナ」
            大阪市北区大淀中1-1-20 (TEL.06-6440-1111)

3.懇親会費    会員お一人様 : 大人6,500円 学生・生徒 3,000円
             ご同伴者様  : 大人8,000円 学生・生徒 4,000円

2017年09月11日
平成29年度会員参加イベントのご案内

 
 本年も、会員の皆様方の交流を一層深めていただくことを目的として、「会員参加
イベント」を下記の通り企画いたしましたので、ご案内申し上げます。
 今回は、先ず、京都府八幡市の「京都吉兆 松花堂店」を訪れ、松花堂弁当を
お楽しみ頂きます。その後、壽屋(現サントリーホールディングス株式会社)の創業者
鳥井信治郎氏が大正12年、日本初のモルトウィスキー蒸留所建設に着手、
国産第一号のウィスキーを世に出した「サントリー山崎蒸留所」を訪問します。
 ご家族、ご友人とご一緒に、秋の一日を楽しんでみませんか。皆様のご参加を
心からお待ち申し上げております。
                                                                  
※「松花堂弁当」は、もともとは農家の種子入れだった器を、江戸時代初期に
  活躍した石清水八幡宮の社僧である松花堂昭乗(1582~1639)が取り上げ、
  小物入れにしていたと伝えられています。
  「吉兆」の創業者・湯木貞一が、それを弁当箱に考案したものです。

                                                           
                         記

1.日時    平成29年10月21日(土) 10:30~16:30頃 自由解散
                     
2.スケジュール
         10:30  京阪樟葉駅タクシー乗り場前に集合・受付
              (京阪本線急行 淀屋橋駅9:53→樟葉駅10:27)
         11:00~  タクシーにて「京都吉兆 松花堂店」に移動
         11:30~  松花堂弁当を堪能
                 食後は各自自由に「松花堂庭園・美術館」散策
        14:00~  タクシーにて「サントリー山崎蒸留所」に移動
        14:30~ 「サントリー山崎蒸留所」見学
        16:30頃  現地解散(JR山崎駅、阪急大山崎駅まで徒歩10分)

             
3.参加費   お一人様  会員:6,000円 (学生生徒 3,000円)
                非会員:7,000円 (学生生徒 5,000円)

2017年08月08日
平成29年度総会・懇親会を開催

平成29年度の総会及び懇親会を7月26日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=929

2017年03月03日
平成28年度「スイスワインを楽しむ会」を開催

平成28年度「スイスワインを楽しむ会」を2月22日に開催致しました。
「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。


http://www.kasj.gr.jp/event/?p=912

2016年12月02日
平成28年度秋季懇親会を開催

平成28年度の秋季懇親会を11月24日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。


http://www.kasj.gr.jp/event/?p=889

2016年11月29日
平成28年度会員様参加イベントを開催しました

平成28年度の会員様参加イベントを開催致しました。
「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。


http://www.kasj.gr.jp/event/?p=854

2016年07月12日
平成28年度総会・懇親会を開催

平成28年度の総会及び懇親会を7月4日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=828

2016年02月24日
平成27年度「スイスワインを楽しむ会」を開催

平成27年度「スイスワインを楽しむ会」を2月15日に開催致しました。
「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。
http://www.kasj.gr.jp/event/?p=783

2015年12月25日
平成27年度会員様参加イベントを開催しました

平成27年度の会員様参加イベントを開催致しました。
「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=761

2015年11月06日
平成27年度秋季懇親会を開催

 平成27年度の秋季懇親会を10月30日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=732

2015年07月31日
平成27年度総会及び懇親会を開催

 平成27年度の総会及び懇親会を7月27日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=719

2015年03月30日
平成26年度会員様参加イベントを開催

平成26年度の会員様参加イベントを開催致しました。

「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=706

2015年03月09日
平成27年2月18日(水)「スイスワインを楽しむ会」が開催されました。

今回の「スイスワインを楽しむ会」の開催の様子は、『イベント実績』に掲載しておりますので、ご高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=675

2014年11月10日
10月31日(金)「秋季懇親会」が開催されました。

 2014年度の秋季懇親会を10月31日に開催致しました。「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

          http://www.kasj.gr.jp/event/?p=649

2014年07月17日
関西日本・スイス協会 平成26年度総会・懇親会を開催

7月8日、平成26年度総会・懇親会をリーガロイヤルホテルにて開催しました。

イベント実績に掲載しておりますので、ご高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=629

2014年05月26日
“おしらせ“日本+スイス国交樹立150周年記念行事

 

 1864年に日本とスイスの間で修好通商条約が調印されて以来、政治、国際関係などの協力関係を強化し、経済交流を発展させ、今年で150周年をむかえました。
 この記念の年を迎え、両国ではさまざまな祝祭記念行事が開催されております。

 私たちの身近でも気軽に参加できるイベントが年間を通してございますので、その内の数点をご紹介いたします。
<関西にて>
・7月5日~9月7日 
 「バルテュス展」 京都市美術館
・7月8日~9月21日 
 「ハイジと妖精の国 スイスの子どもの本」 大阪府立中央図書館
・9月23~10月25日 (京都)
 「シュテファン・シュビーヘル個展“BLOSSOM”」 白沙村荘 橋本関雪記念館
・11月
 「スイス・ガストロノミー・ウィーク」(本格的なスイス料理) スイスホテル南海大阪
  
 詳細は在日スイス大使館HP イベントカレンダーに掲載されています。
http://www.eda.admin.ch/eda/ja/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp/cultur.html

 この他にも、東京をはじめ、各地で開催される写真展やクラシッククコンサートもあり、イベント内容は多彩です。東京開催のみですが、スイスの切手展などのユニークなイベントも予定されています。

 皆様、ぜひこの機会をお見逃しなく、お楽しみいただきたくご案内いたします。

       

2014年02月05日
平成25年度「スイスワインを楽しむ会」を開催

 平成25年度「スイスワインを楽しむ会」を1月31日に開催致しました。
 「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

http://www.kasj.gr.jp/event/?p=592

2013年12月26日
平成25年度秋の会員様参加イベントを開催

 平成25年度秋の会員様参加イベントが、12月7日(土)「大山崎山荘美術館」で開催されました。

 「イベント実績」に掲載しておりますので、御高覧下さい。

     http://www.kasj.gr.jp/event/?p=555

2013年07月05日
“ちょっと ひとこと“「世界遺産」

 6月22日、どこから見ても、いつ眺めても美しい「富士山」が「信仰の対象と芸術の源泉」と高く評価され、国内では17番目の世界文化遺産に登録されました。世界中の遺産登録は、すでに981件ありますが、スイスにはいくつあるかご存知ですか?
 スイスは九州よりもやや狭い小さい国にもかかわらず、現在11カ所(文化遺産8カ所・自然遺産3カ所)の世界遺産があります。登録年代順にご紹介しましょう。

 まずは1983年、中世期の歴史的文化遺産の3カ所です。
①世界最大級の中世の図書館を持つ「ザンクト・ガレン修道院」。同市内にあるザンクトガレン大学(英:University of St.Gallen) で毎年開催しているサンガレン・シンポジウムには、昨年・今年と私たちが支援している青少年交流使節団の同窓生が参加しています。
②美しい壁画の発見で注目を浴びた「聖ヨハネ・ベネディクト会修道院」。
③中世の雰囲気を伝える歴史的な町並みの「ベルン旧市街」。ベルン旧市街地は、首都としての現代都市の機能を兼ね備え融合させて、今なおヨーロッパ都市の美しい姿を伝えています。
④2000年には中世後期の城塞のモデルとして評価されたベリンツォーナ旧市街の「3つの古城と防壁・城壁群」。
⑤2001年には、アイガー・メンヒ・ユングフラウの3名峰とヨーロッパ最大・最長のアレッチ氷河を抱く雄大な地域が、貴重な大自然とともに芸術や文学・山岳観光など多くの分野で重要な役割を果たしたことで登録されました。2007年には認定エリアの拡張申請が承認され、ベルナーアルプスの山々を含むより広い地域が自然遺産に再登録されました。
⑥2003年、太古の貴重な化石群で登録された「サン・ジョルジオ山」。2010年にエリアを拡張し再登録されています。
⑦2007年には、“ちょっとひとこと”5種類のワインでも御紹介している、レマン湖畔丘陵の美しい風景で有名な「ラヴォー地区のぶどうの段々畑」。
⑧⑨2008年には、美しい車窓が楽しめる一度は乗ってみたい鉄道「レーティシュ鉄道アルブラ線とベルニナ線と周辺に広がる景観」と、スイスの活発な地殻変動を今に伝える地域「サルドーナ」の2カ所。
⑩2009年、時計産業のメッカとして知られる、隣接する町「ラ・ショー・ド・フォンとル・ロックル」の計画された「時計製造業都市」。私たちの2011年秋の懇親会において、このラ・ショー・ド・フォン生まれのピエール=イブ・ドンゼ先生(現:京都大学准教授)が「スイスの時計産業」についてご講演下さいました。
⑪最後は2011年の「アルプス山脈周辺の先史時代の湖畔住居群」です。紀元前5000年から500年の杭上に建てられた高床式住居の遺跡群です。

 どこの景色を切り取っても絵になるスイスは、夏の海外旅行人気ランキングで毎年上位を誇ります。美しい景観だけでなく、歴史や考古学まで楽しめるスイスの魅力は尽きません。

2013年04月10日
“ちょっと ひとこと“ 5種類のワイン

 ワインと言えば「フランス」が有名ですが、実はスイスのワインにも名品が多くあることをご存知でしたか?
 スイスでは、山間部をはじめ標高の高いブドウ畑で大変な手間をかけて、手摘みによるブドウから様々な種類のワインが造られています。事務局からお知らせしている3月6日開催の平成24年度「スイスワインを楽しむ会」では、5種類のワインをテイスティングしましたので、ご紹介しましょう。
 まずは白ワインです。土壌の違いと気候環境を繊細に反映し、それぞれの味の特徴が如実に現われている白ワイン3種類を頂きました。
 最初は、ヴォー州の「Le Brez A.O.C. 2010」、ブドウの品種はシャスラです。氷河によって削り取られて堆積してできた粘土と石灰を含んだ地で収穫され醸造されたもの
です。爽やかで切れがあって飲みやすい一品です。現在、スイスエアラインのビジネスクラスで提供されています。
 2品目は「Clos des Corbassières Vielles Vignes 2009」です。ヴァレー州の独特な乾いた気候と、粘着のある石灰質の土壌の断崖絶壁に、灌漑用水を引いて育てられたシャスラの古木から採取され醸造された濃厚な感じの白ワインです。少しミネラル感があり芳醇な香りが特徴です。
 3品目の「Clos de Mangold Chenin Blanc 2008」は、シュナン・ブランという品種のブドウから造られました。辛口で切れがあり、爽やかな酸味と、松脂のような少し癖のある特有の香りがあります。
 4品目と5品目は、ブドウの種類として広く知られているピノ・ノワールの赤ワインです。
 4品目の「Neuchâtel Pinot Noir Valentin A.O.C. 2011」は、大変あっさりとした味わいです。赤ワイン特有のタンニンの渋みが苦手な方には飲みやすいワインです。
  最後の「Colombe Pinot Noir A.O.C. 2011」は、少しビターチョコレートのような香りがします。野趣あふれるジビエやキノコ料理に合うワインです。

 レマン湖畔の急斜面を利用したヴォー州のブドウ畑はその景観の美しさと伝統的なワイン造りが評価され、ローザンヌ周辺のラヴォー地区は2007年に世界遺産に認定されたそうです。この地で育てられた美味しいワインに出会えた喜びを会員の皆さんと分かち合いました。

 
同窓会ページ
このページの先頭へ